2ヶ月ダイエット日記

4/13(金)より2ヶ月間のダイエットを記録していきます。

8日目 68.8kg(前日比-0.5kg 初日比-1.8kg)

 思ったより減っていてびっくり。昨日は間食をしてしまい、それとは別に夕食後にも食べなくていいものを食べてしまったな、という思いがあったので、ちょっと驚きました。少し体重下落のペースが早すぎでしょうか。嬉しい気持ちはありますが、身体に悪くないように、無理はしないようにがモットーなので複雑な心境になりつつ、やっぱり嬉しい気持ちがとても強い笑。もちろん最低記録。68kg台突入です。この〇〇台突入って、どれだけ細かく刻むんでしょうか笑。

 

 【前日の食事】

 昼食:シーザーサラダ、揚げ鳥、ジャンボフランク(すべてセブンイレブン

 間食:柏餅

 夕食:焼き鮭、にら玉、豆腐(食べるラー油、塩昆布)

 

 そういえば、昨日は飲むヨーグルトは飲まなかったですね。そうです。単純に忘れたのです。昼食はいつもどおり。問題は間食ですよ。柏餅って。糖質のかたまりじゃないですか。ダメじゃないですか。どうしてそんなものを食べたかというと、職場で同僚のかたが買ってきて、配ってくださったのです。もちろん笑顔でいただきました。おいしかったです笑。別に回転寿司でもパフェにアイスまで食べているので、甘いものは全然間を置かずに食しているです。それなのに食べる場所が変わると新鮮味があるのか、やけに久しぶりに食べた気がして、うん、非常においしかったです(2回目)。自分の単細胞さがうらめしい。

 昨夜は夕飯の時間が遅くなってしまったこともあり、焼き魚とにら玉で一旦食事終わりという気持ちになりました。間食があったことも気分に影響したことでしょう。それなのに、そのあとにガマンできずに豆腐もいってしましました。好きなんですよね、食べるラー油。今、日本中で私以外にまだ食べてる人いるのか、というくらいブームの過ぎ去った代物ですが、よほど味覚に合ったのか、離れられません笑。糖質もそこそこあることはわかっているのですが、豆腐ならなんとかしてくれるだろうというダイエッター特有の甘い期待が出てきます。ダイエットが始まって1週間。そろそろ天敵の食欲が出てきてしまったようです。

 

 【前日のジョギング】

 距離:5.21km

 歩数:5,473歩

 時間:37分

 消費:380カロリー

 

 想定していたことと逆が起こりました。昨日、時間がなかったら腹筋ローラーだけかも、と書いたのですが、ジョギングだけ行いました。なぜこんなことになったかというと、腹筋ローラーを開始した途端、まだ強烈な筋肉痛が残っていることに気がついたのです笑。月曜日のものをまだ引きずっているとは。そして、その瞬間まで気づかないとは。私はどれだけ腹筋を使わずに生活しているんでしょうか。

 ジョギングについては、色々発見のある日となりました。

 まず大きいのは、お尻の外側が痛まなかったこと(お尻が大きいのではなく)。おそらく今回も同じ症状がでると考えていたのですが、問題ありませんでした。どうやら、筋肉痛の一種だったようです。身体のなまりかたが、一度の筋肉痛では追いつかないほどだったということでしょう。安心しました。とても切ない安心を。これからの人生の教訓として、久しぶりに運動したときには、「同じ強度の運動でも筋肉痛が2度3度起こりうる」ことを憶えておきます。知らないと計画に盛り込めませんからね。

 あとは、いつもお尻外側の痛みで走るのをやめていたので、わからなかったこと。どうやら走る速度が速すぎるようです。痛みがなかったにも関わらず、ジョギングがいつもと同じ程度の時間や距離にとどまったのは、足の疲労が原因でした。息が上がるといった、呼吸器の問題ではなく、足が重くて上がらなくなるという印象。無理をしないというのが継続する上で一番大切なことなので、走るのをやめました。一般のランナーさんはこれを我慢して走っているのかなあ、と思って軽く調べたところ、どうやらまだジョギングに必要な筋肉が私の身体に足りてない状態のようです。ゆっくりいきます。

7日目 69.3kg(前日比-0.4kg 初日比-1.3kg)

 いい感じに減りました。想定内といったところでしょうか。もっとがくっと減っている可能性もあるな、と思っていたのですが(ダイエット開始直後なので)、さっそくおととい食べたお寿司が効いているのかもしれません笑。でも一応、体重としては今回のダイエットの最低記録です。

 

 【前日の食事】

 昼食:シーザーサラダ、揚げ鳥、ジャンボフランク(すべてセブンイレブン

 夕食:サラダ、豚肉を焼いたもの、えのき、もやし

 

 昨日も夕食後に飲むヨーグルトを飲みました。コーヒーは1日3杯ほどブラックで飲んでいます。あとは、夕食時にお茶を飲んでいますね。書き出してみると、結構口に入れているものが少ないですね。水分量が足りていない気がしてきました。ダイエットのときは注意しなくては。

 昨日のつづきになるかもしれません。

 食べる量を変えずに吸収率を抑えようという試みについてです。昨日書いた内容にはちょっと嘘がありました。タイピングがすべりました(とは言わないか)。私は特茶や黒ウーロン茶をためしたことはありますが、カロリミットについては飲んだことがありません笑。身近に飲んでいる人がおり、体重が減っている様子がないことを確認しているだけです。我ながら、ひどい言い草ですね笑。

 ここで勘違いしてほしくないのは、私はそういったものを嫌ってるわけではない、ということです。むしろ多大なる期待をしています。ホープです。なんといってもそれらは、この日記ですでに何度か言及している、私の愛する「勝手に働いてくれるもの」ですから。将来的にこれはすばらしく効果があるというものに出会ったなら、私は間違いなく愛飲することでしょう。ただ、残念ながら、今のところ実感できるほどのものがないというだけで。

 それにしても、食前に飲めば食べても大丈夫という文句には(食前でないものもありますが)、とんでもない魅力がありますよね笑。未来のようであり、科学のようであり、魔法のようであると感じます。

 ただし、現在、そういったものはまだ存在していないと考えています。もし見つかっているのであれば、それがどんな辺境の地であっても、瞬く間に世界中に知れ渡るはずです。インターネットのない時代でもそうなったでしょう。いわんや今の時代とあっては、という感じです。痩せる薬というのは、老若男女を問わず全世界での関心事です。きっと、薬品としては世界1位でしょう。2位は髪の毛が生える薬でしょうか。したがって、これもまだどこにも存在していないはずです。その下にいくつかあって、7位くらいにもしかしたら、かつてEDに効く薬がきたかもしれません。そうです、バイアグラです。今この薬の存在を知らない人は世界中にほとんどいないでしょう、というのは過言かもしれません笑。ちょっと子供には言えない特殊な事情があるものですからね。ただ、そういうものが発見されれば、どれくらい情報が行き渡るかということは想像できるのではないでしょうか。

 そういった意味で、テレビで「これを食べると痩せる」みたいな番組がありスーパーからその品が消えたりしていますが、これも信用できないと考えています。それに、食品で食べて痩せるものは、きっと毒です笑。サプリメントも同様です。これについては、本当に効果があるのなら、臨床研究され医薬品となることでしょう。

 とまあ、私が現時点で摂取することで吸収率を抑える系のものが、微々たる効果しかないと考える理由でした。もちろん、経験した上で実感できないというのもあります。というか、それが大きいです。理屈はどうあれ、効果を感じるなら飛びつくでしょうから笑。なので、そういったことをしている人をバカにする気持ちはありません。効果を感じているものがあるなら、うらやましいくらいです。断言しますが、私は近いうちに、カロリミットをためしてみる日がくることでしょう笑。

 話が長くなりました。あいかわらず腹筋には痛みがあったので、腹筋ローラーしてません。ジョギングもしませんでした。ただ、今日は両方とも落ち着いてきたので、時間があれば両方しようと考えています。時間がなければ、腹筋ローラーだけ。

6日目 69.7kg(前日比+0.1kg 初日比-0.9kg)

 わずかに増えました。これは少しだけ意外でした。もっと増えるのかと思っていたのです。というのも、私、人との外食のときは食べるのを抑えていません。昨日のお昼は回転寿司へ行くことになり、そこでたらふく(この言葉は生きているのだろうか)食べたんですよね。ええ、デザートのパフェまでいってやりました。最後に注文ボタン押し間違えて、しかもそれがアイス系だったので誰かに取られるまで無視することもできなかったので、責任をとってそれもいきました。世の中にはどんな罠が張られているかわかったものではないですね。非常においしかったです笑。

 

 【前日の食事】

 昼食:回転寿司(パフェ、アイス含む)

 夕食:サラダ、目玉焼き(2個)、焼き鮭

 

 それと、夕食後に飲むヨーグルトも飲んでますね。これ、今まで書き忘れていたというか、そんなことしてるの忘れてました笑。毎日ではありませんが、毎日を目指しています。つまり、飲み忘れることもあるということです。忘れる話ばっかり。普通に砂糖の入っている甘いやつを常飲しているので、ダイエットが本格的になってきたらやめるかもしれません。なんとなく書きましたけど、この場合の本格的とはいったい笑。きっと、ダイエット終了の日が近づいたときのことを言っているんでしょう。

 お昼を好きなだけ食べたので、夕飯は少し抑えめ。全然つらくありませんでした。むしろお腹いっぱいでそんなに食べたくないというくらいでした。お寿司をどれだけ食べたのかがうかがい知れますね笑。

 だから、0.1kgしか増えなかったのは少し意外。60kg台におさまっていてくれれば感謝、くらいの気持ちで体重計に乗りました。まえにも言いましたが、体重の予測がつかないときほどこの作業は楽しいですね。そのあとまったく楽しい気持ちじゃなくなるときもありますが、それはさておき。

 これしか増えなかった理由はなんでしょうか。まず考えられるのは、食べたのが夜ではなく昼だったこと。個人的にはこれ、あんまり信用していません。昼なら食べてもいいとか、朝なら食べていいとかっていうダイエット方法、たしかによく耳にします。共通するのは、夜はダメというところでしょうか。また、夜〇時以降は食べないというのも類似したものですね。だけど、そんなの食べた量でいくらでも覆せるというのが実感です。おそらく効果はあるんでしょう。これだけ言われるくらいなので。しかし、微々たるものなのではないでしょうか。サラダを先に食べるダイエット法と同様に。食事の総量や内容を変えずに吸収率を抑えようとするものに、大きな効果を感じたことがありません。特茶や黒ウーロン茶もそうですね。カロリミットとか。

 では、どうしてそんなに増えなかったのか。個人的な見解としては、これまでのダイエットの効果が出はじめているのでは、というものです。たった6日(前日までで考えれば5日)ですが、夜眠っているあいだにすべての消化が終わり、排出するものと吸収するものとに分けられ(食べものそのものの重さはほとんどなくなり)、このような結果に落ち着いたではないでしょうか。現在、私はダイエットし始めで、一番痩せやすい時期です。それだけに体重がどう変動するか予測がつかないのですが、肌感覚より低く出やすい時期ということでしょう。もしかしたら、お昼のお寿司は今後に影響するのかもしれません。消化の秤にかけられた結果、今度は肌感覚より痩せないというかたちで。

 ジョギング及び腹筋ローラーは行っていません。お尻の外側の痛みはひいてきています。明日かあさってには走ると思います。週2日くらいが目安。今週は月曜日に走っているので、それで終わりか、土日のどちらかに1度行うかもしれません。腹筋はまだまだ絶賛筋肉痛です。でも、本当に日常生活に支障がない笑。私が異常に腹筋を使わずに生きているのか、人類に腹筋が必要ないのか、どちらなのでしょうか。

5日目 69.6kg(前日比-0.6kg 初日比-1.0kg)

 おお、また一気に落ちましたね! 下落幅だと初日→2日目の0.9kgのほうがすごいものの、体重としては、今回ダイエットを始めてから最低記録ですね。といっても、0.1kgの更新ですが。夢の60kg台に戻ってきました。

 

 【前日の食事】

 昼食:シーザーサラダ、揚げ鳥、ジャンボフランク(すべてセブンイレブン

 夕食:サラダ、もやしとえのきの炒め物、にら玉、チキン南蛮

 

 昼食はともかく、夕食は結構量を食べた印象でした。またあんまり減らないかもしれないな、と思う程度には満足していました。この心の動きは、減らなかったときのショックを無意識に予防していたのかもしれません。セルフ・ハンディキャップというやつですね。あんまりよくない。心を強くもちましょう。ちゃんと糖質制限はしてるんだから。

 昼食については、きちんと血糖値の法則をまもっています。サラダから食べるようにするというアレですね。でも、本当に効果があるんでしょうか。実感しがたい微々たるもの、というのが正直な感想です。それでも少しでもそういうことがありうるなら、とお守りをカバンに入れるような気持ちで、食べる順番を遵守しています。

 しかしながら、夕食はそれができていません。どうしてお昼にできていることが夜には難しいのでしょうか。想像するに、夜はその場で調理していることが大きそう。見てのとおり、私、お昼は大抵コンビニで済ましています。しかも電子レンジであたためる作業すらない。あたたかいものはレジ横で常にあたためられている状態で、それを紙の袋に入れたものを渡されています。それによって、肉類をあとまわしにできている気がします。ありがとう、セブンイレブン。いい気分。

 ジョギングしました。予想以上の体重減にはその影響もあるのでしょうか。

 

 【前日のジョギング】

 距離:5.06km

 歩数:5,030歩

 時間:32分

 消費:393カロリー

 

 両方のお尻の外側という正式名称を言えない部位の痛みもだいぶ落ち着いてきて、時間もあったので走ってみました。すると、すぐに再びお尻の外側に痛み復活。本当に想定外でした。筋肉痛的なものだと思っていたので、一度痛みが過ぎればもう同じ強度の運動では痛みが生じないと考えていたのです。この痛みについて、どうしたものか考えています。しっかり対策を講じねばなりませんね。

 現在のところ、痛みがひいたらもう一度だけ同じように走ってみようと思っています。それでダメだったら、これは筋肉痛とは別のものだと決定づけて、きちんとことを起こさなければなりません。色々調べた結果(といってもググっただけですけど笑)、単なる筋肉痛でないとしたら、原因と考えられるものは2つあるようなので、それを1つずつ潰していきたいと思っています。2ついっぺんにやると、どっちが効果あったのかわかりませんからね。それでも治ればなんでもいいという考えもありますが、ここで自分の身体について知っておけば、その情報はほぼ一生有効です。私だけにしか役立ちませんが、私には何より役立つのです。一番いいのは、言うまでもなく、次回走ってみたら痛くならなかったというものです。なにしろ、何もしなくてよいからです。

 ところで、腹筋の筋肉痛は今でもひどいものです。寝転がっていて、地面から起き上がらなくてはいけない場面は最悪です。ただ、日常生活で意外とそんな場面は訪れないので、無視できています。困るのは朝起きたときくらいです。ジョギングのときにもまったく痛みません。走るのに腹筋はそれほど必要ないようです。新発見。こんなことなら、ジョギングより先に腹筋ローラー始めておけばよかったなあ、なんて思ってしまいますけど、それは結果論ですよね。今後の参考としましょう。はたして、これを参考とする未来はあるのでしょうか。

4日目 70.2kg(前日比-0.2kg 初日比-0.4kg)

 うーん、微減。思わずヘアカラーのビゲンってそういえばどういう意味なんだろうって調べてしまうほどの微減でした。

 

「美人」の「美」ホーユーが以前発売していた白髪染め「元禄」の「元」を併せて、カタカナにした名前である。

だが、後に中国で発売する際に「美元」とすると、アメリカドルという意味に取られてしまうため、「美源」として中国では発売されている。

この事により、現在では「美しい源→美源→ビゲン」という意味に置き換えられている。

 

 へえ。なんにでも考えてることっていうのはあるもんですね。でも、残念ながら1週間後には忘れている予感がします。あんまり関係なかったですし笑。一番驚いたのは、白髪染めに「元禄」という名前をつけていたことでした。今となっては、ビゲンよりそっちの由来のほうが気になる。

 それにしても、もうちょっと減っているかもと期待していたんですけどね。飲み会で大量に食べて大量に増えた次の日なので。しかもダイエット始めたばかりというこの好条件。減るなら今じゃないでしょうか。もう一声お願いしますよ、脂肪の旦那。

 

 【前日の食事】

 昼食:てんぷら(ナス、レンコン、かきあげ、ちくわ)、目玉焼き(2個)

 夕食:豚肉を焼いたもの、サラダ、えのき

 

 結構食べてますね。たしかに昼、夜ともに結構満腹でした。間食はなくて、あとはコーヒーをブラックで飲んだりしています。なんというか、本当に糖質を抑えただけ、メインとなる炭水化物をとっていないだけですね。それで痩せようっていうのがいい気なものなのかもしれませんが、まあ、一応そういうダイエット方法ですからね。

 矛盾しているようですが、今回はそれでも、ほんの少し落ちたことがラッキーでした。先ほど挙げた2つの要素(大量に増えた次の日、ダイエットを始めたばかり)が原因でしょうね。今まで経験からして、この先、この食事量では減らなくなってくることが予想されます(それどころか増えたりして)。ということは、当然食べる量を減らすことになります。そこでいつもわからなくなるのが、本当に糖質制限で体重が減ってるの? ということだったりします。摂取カロリーが減ってるのが原因で減量してるんじゃないかという気がしてくるんですよね。

 ジョギング及び腹筋ローラーは行っていません。でも、お尻の外側の痛みはだいぶとれてきています。順調ですね。腹筋はすごく痛い。ロキソニン敗れたりといった風情。でも、寝た状態から立ち上がるとか、そんなときしかつらくありません。予想外なのは、肩にも筋肉痛があらわれたこと笑。どれだけ衰えを実感させる気でしょうか。でも、これで運動はじめの痛みは出揃った感じがあります。次からは同じ強度の運動を行っても痛みはないでしょう。ようやくスタートライン(のちょっと手前)に立ちましたね。

3日目 70.4kg(前日比+0.7kg 初日比-0.2kg)

 いやあ、揺り戻しましたね笑!

 原因は明らかで、昨日、飲み会だったのです。はじめに言ったように、そういう場では気にせずに飲み食いするようにしてます。すごかったですね。お寿司にてんぷらに揚げ物、日本酒にケーキと大暴れでした。記憶にないものも山ほどあるはずです。おかげでお腹が山のようになっています。こんなに摂取する日と節制する日とがあって、よく身体がダメにならないなあと感心してしまいます(他人ごとのように)。

 こういった内臓の働きのように、少なくとも意識的には何もしていないにも関わらず、成果をだしてくれるものがとても好きです。洗濯機とか。お肉の漬け込みとか。

 

 【前日の食事】 

 昼食:目玉焼き(2個)、お肉を焼いたもの

 夕食:飲み会

 

 もともと朝食は食べる習慣がありませんし、お昼ごはんまではよかったのです。ちゃんと飲み会にそなえていました。ただ、そんなそなえではどうにもならないこともわかっていましたが笑。増えるのはわかってる。それがどのくらいかが問題なのだ、と司令官のようにデータを待っていましたが、予想以上でしたね笑。でも、予想がつかない日ほど、体重計に乗るのはおもしろいです。

 そのほか体重に影響する要因としては、左足が問題なさそうだったので、ジョギングを開始しました。大丈夫でした。ダメだったのは、お尻の外側です。まさかの展開。走ってる途中からすごく痛くなってきて、「おまえが歌うんかい」という状態でした。本当、久しぶりに身体を動かすっていうのは、こういう痛みとのせめぎ合いですよね。呼吸が切れない程度の速度で走っていたので、苦しさとしてはあまりなくまだ全然走れる状態でしたが、お尻の外側(正式名称はいかに)の痛みで走れなくなりました。

 

 【前日のジョギング】

 距離:5.41km

 歩数:5,516歩

 時間:37分

 消費:412カロリー

 

 最近はアプリでこういうものが測れて便利ですね。私が現状で肩で息することなく走れるペースは、6分50秒で1kmくらいのようです。どこまで正確なのかはわかりませんが、楽しみが増えるというのはよいことです。音楽を聴きながら走れますし、ジョギングにスマホは手放せないと実感しました。ひと昔まえでは考えられないことですね。ちなみに、37分間つづけて走れたわけではありません。上記の痛みで、止まってたり歩いていたりする時間もあり、そのときは測定を一時停止していました。

 痛みがでるなら一緒のタイミングがいい、ということで腹筋ローラーも始めました。これは経験上次の日からとんでもない筋肉痛がくることがわかっているので、まだ痛みもでていないのに、お腹にロキソニンテープを貼って過ごしました。もちろん、お尻の外側(君の名は)にも貼っています。ロキソニンテープに絶対の信頼を置いているのです。これも勝手に成果を出してくれるものだからでしょうか。

2日目 69.7kg(前日比-0.9kg 初日比-0.9kg)

 すごく減りましたね。夢の60kg台突入です笑。

 でもこれは想定していたくらいでしょうか。最初は減るんですよ、最初は。こんなペースで減りつづけたらラクなのになあとか思ってしまいますが、とんでもなく身体に悪いこと請け合いです。

 いわゆる、水分が抜けただけと呼ばれる状態ですね。これ、実感としてあるんですよ。ダイエットを始めると、必ず唇が荒れます。水を飲んでもなかなか治らないくらいに。ここへきてようやく、食べものに含まれる水分量というものに思いが至るわけです。調べると、水分摂取量の半分近くを食事でまかなっているみたい。小学校で習ったはずですが、そんなこと忘れて暮らしています。なんというか、体感と実際に差があるものってそういうことになりがちですよね。

 体重が落ちた理由は、糖質制限+カロリー制限、食べる量が減ったことに伴う水分摂取量の低下、といったところでしょうか。

 

 【前日の食事】

 朝食:なし

 昼食:シーザーサラダ、揚げ鳥、ジャンボフランク(すべてセブンイレブン

 夕食:にら玉(卵2個)、豚肉を焼いたもの

 

 やはり糖質だろうとなんだろうと、制限すると他のものの量も減ってしまい、自然とカロリー制限にもなってしまいますね。もっと野菜をとったほうがいいのは明らかなんですけど、あんまり好きじゃないという笑。ダイエットをしていると、どうしても「食べるものを制限しているのに、どうして好きじゃないもので太らないといけないんだ」という気持ちがわいてしまいます。

 左足の違和感は夜になってもとれず、昨日のジョギングは中止。筋肉痛のことを考えて、腹筋ローラーもしていません。おとなしくロキソニンテープを貼って寝ました。余談ですが、私はロキソニンテープに絶対の信頼を置いていたりします笑。どうしてだろう。そんなに助けられた記憶もないのに。